田主丸一麦寮

ホーム > 施設紹介 > 田主丸一麦寮

障害者支援施設 田主丸一麦寮

東棟(本館)/施設入所定員 27名

中棟/施設入所定員 20名

ひだまり/施設入所定員 10名

第二ひだまり/施設入所定員 3名

施設に入所される障害者の方に、主として夜間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援を行なうとともに、併せて日中活動として生活介護の施設障害福祉サービスを行ないます。
建物は、東棟、中棟、ひだまり、第二ひだまりの4つの棟で構成され、その他に訓練作業棟があります。

当施設では、知的障害者の方々を受け入れ、生活介護や施設入所支援の施設障害福祉サービスを提供しています。『自分でできることは自分でしよう』を基本原則に、個人個人の状況に合わせて身の回りのお世話はもちろん、楽しく安心して生活していただけるような支援を心掛けています。また、利用者の居住環境の快適性向上のため、居室の個室化等に取組んでいます。

年間行事として、地域交流会、宿泊旅行、ピクニックほか、季節毎の古式豊かな行事により喜びとうるおいの時を過ごしていただいています。

施設概要

 施設名称 田主丸一麦寮(たぬしまるいちばくりょう)
 開設年月日 昭和60(1985)年5月1日
 所在地 〒839-1215
福岡県久留米市田主丸町竹野618番地1
 連絡先 TEL: 0943-73-1324 / FAX: 0943-73-3559
E-mail: ichibaku.1985@cronos.ocn.ne.jp
 管理者(寮長) 郷原 和彦
 事業・利用定員 生活介護 70名 /  施設入所支援 60名 /  短期入所 3名
 受託事業 日中一時支援事業
少年補導委託制度
 構造 鉄筋コンクリート造平家建ほか
 設備 居室、食堂、浴室、洗面所、トイレ、訓練作業室、非常災害設備  
消火設備等




運営方針

私たちは、利用者の基本的人権を尊重します。

私たちは、利用者が将来に向けて、より豊かで生きがいのある生活が送れるように支援します。

私たちは、利用者個々のニーズに応じた個別支援計画を立て、それに基づいた支援に努めます。

私たちは、利用者の人権の擁護、虐待防止等のために必要な体制を整備し、研修等を通じ研鑽に努めます。

サービス内容

生産活動(紙工班)

地域交流会

利用者等旅行

鍛錬遠足

生活介護
・個別支援計画の作成
・入浴、排せつ及び食事等の介護
・洗濯及び掃除等の家事
・生活等に関する相談及び助言
・創作的活動(塗り絵、切り絵、カレンダー作り、パズル等)
・生産活動の機会の提供
   農業班・・・・・・・水稲、野菜栽培、いちご栽培
     食品加工班・・・豆腐作り、米粉作り
     紙工班・・・・・・・製袋作業
     縫製班・・・・・・・下着の縫製
・健康管理、服薬管理、通院支援
・食事の提供
・送迎(通所で生活介護を利用される方で、送迎できる範囲に条件有)
・その他の必要な日常生活上の支援

施設入所支援
主として夜間において、入浴、排せつ及び食事の介護、離床、整容、生活に関する相談、その他の必要な支援を行なっています。

レクリエーション・行事等
・八千代会地域交流会
・宿泊旅行(海外、国内)
・ピクニック、バスハイク、鍛練遠足
・誕生会、成人祝、還暦祝
・季節毎の行事

オプションサービス
ご希望により利用することができます。
・預かり金管理サービス

営業日・休日
月曜~金曜 ※祝日・祭日も営業いたします。
土曜・日曜・年末年始(12月29日~1月3日)はお休みさせて いただきます。
※施設入所支援及び短期入所については休日はございません。

ご利用案内

ご利用に関するお問い合わせ
お問い合わせ窓口(0943-73-1324 サービス管理責任者 坂井、津村あて)までお気軽にお 問い合わせください。
※平日9:00~17:30までの間にご連絡くださいますようお願いします。

施設見学や実習の受入れ
当施設では、皆様方の施設見学や学生の方々などの実習を受け入れております。
ご希望の方は、上記の窓口までお気軽にご相談ください。

フォトギャラリー

居室(ひだまり)

食堂(昼食バイキング)

ウォーキングウィズダイナソー鑑賞

韓国旅行(冬のソナタロケ地)

年間行事の模様や設備の一部をご紹介します。

≫引き続きご覧いただく場合はこちら

お問い合わせ
トップにもどる