ご利用者ひとりひとりの幸せを形に。
私たち八千代会は1985年の開設以来、ここ福岡県久留米市田主丸町で、当法人を利用された障害をお持ちになる方々に生活の安心をお届けしてきました。
今までも、これからも、皆さまのために。

◆令和2年7月豪雨による被災お見舞い
このたびの集中豪雨により亡くられた方に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。併せまして、一日も早い復旧と皆さまのご健康をお祈り申し上げます。

新着情報

2021.11.18
第一生命労働組合様から寄贈品を賜りました。厚く御礼申し上げます。
2021.11.18
施設合同で利用者の『還暦お祝いの会』を開催いたしました
2021.08.30
令和3年8月22日に令和3年度地域交流花火大会を実施致しました。
2021.07.12
ノリタケカンパニー労働組合様から4回目となる寄贈品を賜りました。厚く御礼申し上げます。
2021.07.02
久留米市長に「現況報告書」を提出。当該現況報告書を公表しています。
2021.06.30
令和2年度決算に係る計算書類(貸借対照表及び収支計算書)を公表しています。
2021.05.12
田主丸一麦寮での生活の様子をご紹介します
2020.07.01
久留米市長様から素敵な花の寄贈をいただきました。心から感謝しお礼申し上げます。
2019.12.25
利用者のクリスマス会&忘年会を同時開催。皆さん、お疲れさまでした。よいお年を。
2019.12.21
令和元年、年末恒例のお餅つき会。りっぱなお餅ができあがりました。
2019.11.06
秋が深まるなか、足腰の鍛錬をかねて遠足に出かけました。
2019.10.07
令和元年10月1日に指定障害児相談支援事業を開始しました。
2019.07.05
施設合同で、ご利用者の『還暦お祝いの会』を催しました。
2019.04.22
『第31回地域交流会』を開催。地域のたくさんの方々と交流ができました。

自然とやさしさに包まれ、喜びと希望に充ちた毎日を。

季節の花 : 久留米つつじ

八千代会が大切にしているのは“普通の”サービスです。
人として当たり前の礼節。心をこめた対話とサービス。スタッフ一人ひとりが、人として“普通の”心がけ、おもてなしを大切にして運営しています。その場にいられることの喜びを感じ、スタッフも利用者も笑顔の毎日が送れることを。
豊かな自然の中で、人と大地が共存する喜びを実感し、自然とのふれあいを大切に様々な活動に取組んでいます。
人が人として、もっとも尊いことは思いやる心、労わる心、感謝の心、尊び敬う心です。
私たちは、やさしさと思いやりで障害をお持ちになる方々の幸せの実現を目指します。
お問い合わせ
トップにもどる