ご利用者ひとりひとりの幸せを形に。
私たち八千代会は1985年の開設以来、ここ福岡県久留米市田主丸町で、当法人を利用された障害をお持ちになる方々に生活の安心をお届けしてきました。
今までも、これからも、皆様のために。

◆平成28年熊本地震の災害お見舞い
謹んで震災のお見舞を申し上げます。このたびの平成28年熊本地震により被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧と皆さまのご健康をお祈り申し上げます。


社会福祉法人
八千代会
Social welfare corporation Yachiyokai

新着情報

2017.06.22
役員及び評議員に対する報酬等の支給基準を公表しています。
2017.06.21
平成28年度決算に係る計算書類を公表しています。
2017.05.31
理事会で承認を受けた平成28年度に係る計算関係書類及び財産目録並びに監事監査報告について、平成29年5月31日に田主丸一麦寮事務室に備え置き、皆様方への閲覧の用に供しています。
2017.05.26
田主丸一麦寮チームが福岡県ソフトボール大会に参加。試合に応援に熱が入りました。
2017.05.18
ノリタケカンパニー労働組合様から図書を寄贈いただきました。
2017.04.25
陽春の日差しを浴びて、『第29回地域交流会』を開催。
2017.04.13
桜雨も止み、待ちわびたお花見。花びら散るなか、風情も感じられ、楽しさ倍増でした。
2017.02.21
久留米市長から定款変更認可書を受理。変更認可の際の定款を公表しています。
2017.02.14
島根旅行に出かけました。新幹線の旅もいいものですね。
2016.12.28
利用者の「合同忘年会」を開催。みなさん今年もよく頑張りました。
2016.12.23
今年も年末の「餅つき会」を開催。年神様にお供えする立派な鏡餅もできました。
2016.11.07
秋晴れのなか、恒例の遠足に出かけました。
2016.09.28
田主丸一麦寮利用者の『還暦祝いの会』を開催。これからも元気で長生きを。
2016.09.02
田主丸一麦寮では、平成28年8月30日に久留米市と「災害発生時における福祉避難所の設置・運営等に関する協定」を締結しました。

自然とやさしさに包まれ、喜びと希望に充ちた毎日を。

季節の花シリーズ:紫陽花

八千代会が大切にしているのは“普通の”サービスです。
人として当たり前の礼節。心をこめた対話とサービス。スタッフ一人ひとりが、人として“普通の”心がけ、おもてなしを大切にして運営しています。その場にいられることの喜びを感じ、スタッフも利用者も笑顔の毎日が送れることを。
豊かな自然の中で、人と大地が共存する喜びを実感し、自然とのふれあいを大切に様々な活動に取組んでいます。
人が人として、もっとも尊いことは思いやる心、労わる心、感謝の心、尊び敬う心です。
私たちは、やさしさと思いやりで障害をお持ちになる方々の幸せの実現を目指します。
お問い合わせ
トップにもどる